すべての女性に新しいエンターテイメント
女性のための政治サイト

政治について
    
選挙のしくみ
○選挙って?
 政治はそもそも私たち国民がより良く生活をしていくための仕組みづくりのことであり、また、 日本では三権分立という体制を取ることで、どこにも権力を偏らせず、国民の意見を反映した政治を 行うための仕組みが整われていることをここまで説明してきた。その様な基盤の中で、実際に政治を行う国民の代表 (=議員)を決める方法が選挙であり、有権者一人ひとりが「一票」をどの様に扱うかによって、政治、 ひいては私たちの生活が大きく変わってくる。
○有権者とは?
 選挙権(一票を投ずることができる権利)を持つ人のこと。基本的に、日本国民の満20歳以上 であれば男女問わず有権者となることができる。但し、刑に処せられているなど、選挙権を失う条件がいくつかある。
○選挙の種類
 大きく分けると衆議院や参議院の国会議員を決める「国政選挙」と、 都道府県や市区町村の議会の議員や市長を決める「地方選挙」の2つある。 このページでは主に、国政選挙を中心に選挙のしくみを解説していく。
○衆議院議員選挙と参議院議員選挙
 衆議院と参議院では、それぞれの議員の任期や、議員に立候補できる要件(被選挙権)、選挙の種類等が異なっている。
  被選挙権 任期 選挙の種類 定数
(議員に当選する人数)
衆議院議員選挙 満25歳以上
の日本国民
4年(解散あり) 小選挙区選挙 300人 計480人
比例代表選挙 180人
参議院議員選挙 満30歳以上
の日本国民
6年(3年ごとに半数を改選) 選挙区選挙 146人 計242人
比例代表選挙 96人

<衆議院議員選挙>

「小選挙区選挙」と「比例代表選挙」を組み合わせて実施され、国民はそれぞれ1票ずつ投票することが可能。 「小選挙区比例代表並立制」と呼ばれる。

*「小選挙区選挙」とは?
・一つの選挙区につき、一名の候補者のみが当選する仕組み。
・衆議院選における小選挙区選挙の定数が300なので、全国を300の選挙区に分けて、1つの選挙区につき1名ずつ、  計300人が当選することになる。
・考え方としては多数決と同じ,一番多く票を獲得した候補者が当選することとなる。

★メリット
   選挙区が狭いので、候補者が有権者に対しきめ細やかに公約や主張を伝えることが可能。また、 選挙費用を抑えることができる。立候補者を多く立てることができる大政党に有利な仕組みなので、政権が安定しやすいと言われている。
★デメリット
   落選者に投票した国民の意見が反映されない。そのため、落選者に投じた票は「死票」と呼ばれる。

*衆議院における「比例代表選挙」とは?
・国民は立候補者名ではなく、政党名を書いて投票をする。
・全国を11ブロックに分け、政党の得票数に応じて各政党の議席数が決まる。
  ※得票数・・・政党に投じられた票の数(得票数)を、無効となる票を除いた有効投票数で割ったもの。
・政党はブロックごとに各候補者に順位をつけた名簿を提出し、順位が上位の候補者から順々に当選となる。(拘束名簿式)

★メリット
 死票が比較的抑えられ、少数意見も反映しやすく少数政党も議席を確保しやすくなる。
★デメリット
  政党名で投票するため、候補者個人の政策や人柄が見えにくい。また、政党が乱立して政治が安定しにくくなる。

*衆議院のみ、立候補者は「小選挙区選挙」「比例代表選挙」両方に出馬することが可能。 両方で当選した場合は、小選挙区における当選が優先される。

<参議院議員選挙>

「選挙区選挙」と「比例代表選挙」を組み合わせて実施され、国民はそれぞれ1票ずつ投票することが可能。

●「選挙区選挙」とは?
・都道府県を単位として選挙区を146に分け、その選挙区の有権者の数に応じて当選者の数が決まる。
・複数の当選者を出すことのできる選挙区では、得票数の多い順に当選者を決める。

★メリット
   基本的には「小選挙区制」と同様。但し、有権者数に応じて当選者数が決まるので「小選挙区制」よりも死票の割合が少なくなる。
★デメリット
   基本的には「小選挙区制」と同様。

● 参議院における「比例代表選挙」とは?
・全国を一つの選挙区として、定数96の議席を決める。
・衆議院とは異なり、政党名・候補者名どちらを書いて投票しても良い。候補者名簿にも順位をつけず提出する(非拘束名簿式)
・投票された票は政党名・個人名で書かれた票問わず政党ごとの得票数が合計され、 各政党に配分される議席数が決定される。その後、個人名で書かれた候補者の得票数が多い順に当選していく。

★メリット
基本的には衆議院における「比例代表選挙」と同様。加えて、候補者名簿に順位をつけていない=政党が あらかじめ当選させたい候補者を決めていないので、有権者の意見を反映しやすい。
★デメリット
全国を一つの選挙区としているため、候補者は選挙活動のために全国を回らなければならない。

もどる