すべての女性に新しいエンターテイメント
女性のための政治サイト

政治について
    
三権分立
○‘三権’とは?
日本の政治の基本的な仕組みのこと。役割を3つに分け互いが互いを監視し合うことで、 権力の集中を防ぎ、バランスを取りながら政治を行うことが可能となる。
・立法(国会)
・行政(内閣)
・司法(裁判所)のこと。
○‘三権’それぞれの役割とは?

立法(国会)

 国民から選ばれた代表(国会議員)が国の法律や予算を決めるところで、国のルール(法律)を 決めることができる唯一の機関。衆議院と参議院の2つで構成されている。

行政(内閣)

 国会で選ばれた内閣総理大臣と、内閣総理大臣に任命された国務大臣(大半は国会議員から選ばれる) で構成され、国会で決められた法律や予算に基づいて政策を実行するところ。

司法(裁判所)

憲法や法律に基づき、犯罪や争いごとに対し判断・解決を行うところ。国民は誰でも裁判を受ける権利を持つ。
○‘三権’バランスの仕組み
 それぞれがそれぞれを監視、抑制し合う権限を持っている。
○国民は三権分立にどう関わっている?

立法(国会)と国民

 選挙を通し、国民の意思を反映してくれる人(国会議員)を選ぶ。

司法(裁判所)と国民

 選挙を通し、裁判官として相応しいかどうか判断をする。

行政(内閣)と国民

 世論を通し、様々な意見を言うことで政治を動かす。

★国民が三権分立の中心にあり、それぞれに関わることで三権が正しい役割を果たすことが可能となる。

もどる